大島トマト

大島トマトをご存じですか?品種は普通にスーパーで売られている「ファーストトマト」という品種で、取り立てて特別な品種ではありません。しかし、極限まで水を制限し時間をかけて育てることによって、非常に糖度の高い、実が詰まったトマトになります。水槽に浮かべると、通常のトマトが水に浮きますが、大島トマトは沈みます。実がぎっしりという証拠です。

造船の町、長崎県大島町の大島造船所が造船とともに力を入れているのが大島トマトです。

周辺のレストランでも、大島トマトを使った料理などを積極的に出すなど、地域で売り出している印象を受けます。毎年1月末ころから4〜5月ころまで、ハウスの中でトマト刈りができます。この季節になるとあの甘いトマトを丸齧りしたくなります。

The following two tabs change content below.
本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。