雑談ができる関係どうかを決めるのは、上司ではなく部下の側である。

雑談も出来ない関係で問題の共有などできるわけがないという記事を書きました。私は仕事柄、そういう話をすることがありますが、上司は皆さん、「うちは雑談してますよ〜」「うちは大丈夫ですよ〜」とおっしゃいます。そうかもしれません。でも、上司から見えている風景と、部下から見えている風景が異なっていることはよくあることです。

「雑談ができる関係かどうか」を判断するのは部下の側であって上司の側ではない、と私は考えます。部下が「雑談できる職場環境です。」と心から言えてはじめて、安心安全が担保された職場なのだといえるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。