強みを知り、活かす

  • 「好きなことを仕事にしよう」と言われるけど、自分の好きなことがわからない
  • 「得意分野で周囲に貢献しよう」と聞くけど、自分の得意分野って何なのか、今ひとつよくわからない
  • 自分の経験、成功したやり方を後輩に教えるけれど、今ひとつ響かないみたいだし煙ったがられるのだけど、どうしたら良いのか悩む

こんなことはありませんか?

自分の強みは案外わからないもの。なぜなら、自分にとって好きなこと、得意なことはあまりにも当たり前にできてしまうので、改めて意識することがないのです。他人からのフィードバックをもらって初めて気づくことが多いもの。一方で、苦手なことはこどもの頃から常に指摘され、平均点になるよう指導され注意を受けます。嫌というほど苦手なことを意識して、私達は毎日の生活を送っています。

でも、同じ時間とエネルギーを使うなら、得意なところを伸ばすほうが効果は絶大!自分の当たり前は、他の人にとっては「どうしてあんなことができるのだろう。すごいな」ということだったりします。

客観的に自分の強みの資質(才能)を知るクリフトン・ストレングス®というツールでご自分の強みの資質(才能)を知ったあと、その活かし方をサポートします。 個人セッション、ワークショップ、少人数のセミナーから研修まで承ります。

自分の強みは案外わからないもの。自分の当たり前は、別の人にとっては天才的だったりします。客観的に自分の強みの資質を知るストレングス・ファインダー®というツールでご自分の強みの資質を知ったあと、その活かし方をサポートします。