プロフィール

山田邦子さんと同じエスカレーター式の私立女子高から、当時開学以来はじめての国立大学医学部入学を果たしました。しかし、そこで燃え尽きて茫然自失の大学生活を送り、1986年3月筑波大学医学專門学群を卒業しました。小児科医としての13年間の臨床生活の中で基礎研究の面白さに惹かれ、感染免疫学の基礎研究にキャリアチェンジ。基礎研究をすすめる中で、チームのすべての人の能力を余すところなく活かし、モチベーションを維持することで高い生産性を維持するために、コミュニケーション・スキルやコーチングの重要性に気づき、コーチやコミュニケーションのトレーナー資格を取得しました。2017年に独立し、主に医療・介護分野や働く女性向けに、自他尊重のコミュニケーションであるアサーティブや、一人ひとりの強みを切り口にしたコーチングを中心に、ストレスを軽減、あるいはポジティブな力に変えるサポートをしています。 現在は、都内で産業医としても勤務する他、大学でストレス・マネジメントと生産性についての研究も行っています。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医・NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー・Gallup認定ストレングス・コーチ