ハラスメントの定義

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

「ハラスメントって難しいですよね。どこまでがセーフで、どこからがハラスメントなのか?」という話をよく聞きます。ハラスメントを気にするため、言うべきことも言えなくなってしまっている、という話もよく聞きます。私は根が単純なので「私はそんなのは簡単だと思っていますよ。相手を尊重しているか否か、その一点だと思います」とお答えしています。


例えば職場で急に残業をお願いしなくてはならない場合、「だって仕方ないでしょ」「当然、残業するでしょ」という向き合い方ではなく、相手にもNoという権利はある、ということを前提で理由を話してお願いしてみたらどうでしょう。そうお話すると、「そんなこと言ったら誰も彼もNoって言って仕事が進むはずありませんよ。だれも残業なんてしたくありませんからね」と反発されることも少なくありません。


本当にそうでしょうか?実は、残業を頼まれる部下の多くは、その仕事を今しなければならない理由は理解しているものです。ただ、当たり前のように言われると人間は反発したくなるもの。あなたにも心当たりがありませんか?


ですから、本当はNoと言われたくないそういうときこそ、「相手にはNoという権利があるのだから、断られる場合もある」と認識した上で、ていねいに話をしてみてはいかがでしょうか?ここで言うていねいとは、相手の下手に出たり、顔色をうかがったり、相手におもねったりすることではありません。対等な目線で、率直に、わかりやすく説明をして協力をお願いする、そういうことです。


「相手を尊重する」なんて曖昧な言い方じゃわからん、もっと具体的に言ってほしい!という声も時々いただきます。そういう方ははじめからわかろうという気がないか、抽象概念を自分なりに落とし込むのが苦手なのかもしれません。
そういう方はぜひ、伝え方改善コーチングにお申し込みください。あなたのお困りごとにカスタマイズして、わかった気がする、ではなく、やれる!やれた!というまで寄り添い、伴走します。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。