チームの生産性を左右するもの:プロジェクト・アリストテレス

小伝馬町の洒落たカフェ、北出食堂のランチ

少し前に話題になった研究結果がありました。グーグルが生産性の高いプロジェクトチームと、生産性が低いプロジェクトチームの違いについて分析した結果です。

心理的安全性をチーム内に育めているか否かが、生産性を左右しているというのです。この調査のためのプロジェクトは、プロジェクト・アリストテレスと名付けられました。

小伝馬町の洒落たカフェ、北出食堂のランチ

心理的安全性とは何か?

心理的安全性とは、「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素のことです。こんなことを言ったらまずいのではないか、という余計な不安を抱くことなく、チームメンバーの各人が同じ分量発言するようなチームが成功するという結論でした。言い換えると、チームメンバー一人ひとりが、職場でありのままの自分で存在できること、そして、それを受け入れる「心理的安全性」、つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することこそが大切だというのです。

管理職の個性に合わせた方法で

しかし、多くの管理職は「自分はそういう共感性は持ち合わせていない。」と考えるのではないでしょうか。この研究では、管理職一人ひとりの方法で構わない、要は心理的安全性をチーム内に育む事ができればいいのだと言っています。昔は、ノミニケーションがその役割を果たしていたのかもしれません。単に昔の昭和なコミュニケーションに回帰するというのではなく、今の時代にあった工夫を管理職には求められているのかもしれません。

心理学や脳科学が発達して、科学的根拠を持って人の感情や動き、それによって変動するグループダイナミクスを表現できるようになったのはうれしいことです。

 

この記事を書いた人

本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。