ガーデンリフォーム−その12

玄関へのアプローチ横の黒線で囲った部分のコンクリート処理が終わりました。このコンクリートがウッドデッキの土台のコンクリートと仕上がりが違うんです!表面が少しザラザラしていて歩きやすいし、見た目もちょっとキラキラしていて感触が全く違う仕上がり。

IMG_0822.jpeg 
インク描画
インク描画
インク描画
インク描画
インク描画
インク描画
ちょっと感触が違うコンクリート!歩くとふわっとした感じがします。

その日の作業終了時に「あれ、このコンクリート、あっち(土台部分)と違う種類なんですか?」と聞いたら、親方が「仕上げが違うの。うち独特のやり方で。ちょっと違うやり方やってみようかな、ってやってみたら案外いい仕上がりで、それからやるようになったのよ」って話でした。上を歩くと、ちょっとふわっとした感じです。不思議、

玄関脇にも物置を置きました。その隣が念願の水栓。なにが念願かって、、、

玄関横の小さい物置の隣が水栓です。実はこの水栓、以前は蓋があって、その蓋を開けて水道の蛇口を捻って水を出す形だったのです。長い間に雨などと一緒に土が流れ込み、かろうじて蛇口が顔を出しているだけ、という状態になっていました。したがって、水を出そうとするとまず手が泥だらけになり、もうそれだけで水撒きが負担!人間ってこんな些細なことで行動が規定されていくんだな、と何年も恨めしく眺めていました。それで、今回のリフォームでは、2番めか3番めのお願いごとが、この水栓を地上に出してほしい、というものでした。

水栓側から撮った写真が上。蛇口が2つあります。下の方の蛇口の下においてあるのは、私が子供の頃に飼っていたダックスフンドののんちゃんの食器?今はもちろん犬は飼っていませんよ。こんなものがまだ残っているって、どうなってんの?父さん、母さん!!

長年の大きな未完了(気になっていたけど、手つかずになっていたこと)が一つ完了しました!

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。