ガーデンリフォームーその13

雨が続いて作業ができない日が続きましたが、いよいよウッドデッキの設置が始まりました!

こちらがリビング前のウッドデッキ

ウッドデッキの下のコンクリートの土台が隠れてしまうのは残念ですが、リビング前2箇所にウッドデッキが設置開始。

ウッドデッキ設置が始まったころから、日中は急に暑くなりました。職人さんは自前で大きなパラソルを持参。まず、パラソルを立てて強い日差しを避け、大型の扇風機を回して風に当たりながらの作業が続きます。

庭の奥の水撒きが楽にできるように新たに設置された2つ目の水栓。デザインも洒落ている!

もう一つ水栓が設置されました。リビング横、すなわち庭の奥の方に水撒きするときのため。デザインの段階で、ガーデンデザイナーの今井さんから、「ここにもう一箇所水栓を設置します。奥の方の水撒きをするのに、玄関横からホースを伸ばすのは大変なので」と聞いたときに、思わず「ワオ!」と言ってしまうほど、驚きと喜び。なぜなら、奥の方の水撒きに本当に苦労していたからです(両親が、、、私はもう初めから諦めの境地)。それで、お願い事の何番目かに「奥の方の水撒きのためにスプリンクラーの設置」という項目を上げていたくらいでした。

スプリンクラーよりずっと良い!しかも洒落ている!自分ではここには絶対に到達しないわね〜。

エゴノキも根本のブロックがタイルできれいに覆われ、すごく立派に!

そして、シンボルツリーのエゴノキの根を取り囲むブロックが、タイルできれいに覆われました。私は単にぐるりと同じタイルで囲うだけかと思っていたのですが、出来上がりを見てびっくり。タイルが互い違いに貼り付けられているではありませんか!

「親方、デザインにも凝るのね〜」と単純に考えていたら、それだけではないようです。長いタイルがわずかに反るので、長めのタイルと短めのタイルを互い違いに貼るのだそうです。ほお、そういう意味もあったのか、、、きめ細かい仕事だな〜。エゴノキが今までにもまして立派に見えます。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。