ストレングス・コーチング:相互トレーニングをしました。

私はストレングス・コーチでもあります。ストレングス・コーチとは、ひとりひとりの強みに着目したコーチングを行うコーチのことです。

今朝は、ストレングス・コーチ仲間の方と相互コーチングトレーニングをしました。3人一組で、お互いがコーチ、クライアント、オブザーバーになり、コーチングトレーニングをしたあと、フィードバックしあいます。

大切なことは、お互いに忌憚のない率直なフィードバックを返すということです。自分では気づかない口癖、声のトーンが、相手に思わぬメッセージを送っているかもしれません。こういうことは自分ではなかなか気づきにくい点でもあります。そういう点を率直にフィードバックしてもらうことで、今後気をつけていくことが出来ます。

率直な意見を言い合える仲間、そういう関係を構築できる仲間はとても大切です。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。