好きで得意で人に貢献できることをどうやって見つけるか?

自分が得意なことを見つけましょう、ということがよく言われます。そのために様々な経験をしましょう、と。私は強みの資質を知り活かす、ストレングス・ファインダーに出会うまではそのことに疑いを持ったこともありませんでした。しかし、ストレングス・ファインダーを知った時、自分の得意なことはあまりに自然に日常的に使っているのでむしろ意識することさえもない、ということを知りました。まるで、呼吸をするかのように強みを使っているのです。これでは、自分で自分の強みに気づくなど至難の業ではないか、と思いました。

私は前職を一年前に退職して今の仕事にシフトしたのですが、実は退職する半年くらい前まで、何をするか全く決まっておらず、霧の中にいるような感じでした。結局、好きで勉強していた複数の事柄が「ストレスマネジメント」という言葉でうまくまとまり、するするとやることが決まっていきました。その時に「あ💡」と気づきました。「好きで得意で人に貢献できること」って、自分より周囲の人のほうが気づいているのではないかな、って。振り返ってみると、まさに今のような仕事が向いていると、10数年前から周囲の人に繰り返し繰り返し言われていたのでした。彼らは定年後の仕事としてアドバイスしてくれていたのですが、ずっと同じことを言われていたにも関わらず、それを本気にしなかったのは「私」でした。

だから自分が何に向いているのか、自分はどういったことで貢献できるのか、といったことは、自分で考えているより、周囲の人に見つけてもらうことが大事なのではないかな、と思う今日このごろです。近々、そんな集まりに参加する予定です。

この記事を書いた人

本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。