ジャッジせずに人の話を聞く

こんにちは。コミュニケーションスキルと自分の強みを活かすことにより、ストレス軽減のサポートを行うストレスマネジメント・コーチの本間季里です。

以前、対人援助の仕事をしている友人と食事をしていたとき、「面談の場で、あなたはどんなことを気をつけているの?」と聞かれました。「相手の話をジャッジせずに聞くこと」それが私の答えでした。良し悪しを判断せずに相手の話を聞くということです。

ジャッジされているのではないかと感じた瞬間に、人は心を閉ざしてしまいます。ジャッジというのはなにも言葉に出して「それはおかしいのでは?」ということばかりではありません。人は言葉だけでなく、表情・沈黙・佇まいなどの非言語からもたくさんの情報を得ています。むしろこちらのほうから多くの情報を得ているとも言えます。言語と非言語の情報が一致しないとき、70〜80%の人が非言語情報から得られたことを信じるという研究結果も出ているくらいです。

したがって、言語情報も非言語情報も一貫して、ジャッジしないという姿勢を大事にしています。これは人によっては「相手の話に興味を持って聞く」「先入観なく話を聞く」という表現になるのかもしれませんが、根本のところは同じではないでしょうか。

実は私自身、このことで失敗した経験があります。持病のコントロールが上手く行かない方と話したときのことです。後遺症や合併症などの知識があるのかないのかで説明の内容も変わってくるので、最初にいくつか質問をしたのでしたが、結局その面談はうまくいきませんでした。相手は「信じてもらえない」「どうせこっちが悪いと思ってるんだろう」と気分を害されました。

冒頭の彼女の質問はその翌週の出来事だったのですが、彼女に「ジャッジせずに話を聞くこと」と答えたあと、彼女から「それどういうこと?」と聞かれ、あれこれと説明しながら「ああ、そうか。私は先週の面談で、ジャッジしながら話を聞いていたのだ!!」と気づき、雲が晴れたような気持ちになりました。私の質問の仕方のどこかにジャッジされていると感じ、相手は責められていると反発した。そりゃそうだよねと得心がいきました。その人の顔は今でもはっきりと覚えていますし、私に大事なことを気づかせてくれた人でした。

どんな人の話も、まずはまっすぐに向き合いジャッジせずに話を聞くこと。そこから関係性は生まれてくるように思います。

この記事を書いた人

本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。