ロゴについて

こんにちは。ストレスマネジメント・コーチの本間季里です。コミュニケーションの方法を少し変えたり強みを知り活かすことで自分や相手への理解を深め、個人と組織の幸福度を高めるサポートをします。 

オフィス Esteemのロゴマークは、私が大好きなヒルザキツキミソウをモチーフにしています。毎年GWの頃になると、街路樹の根本にふさふさとピンク色の優しい花がたわわに咲き、茎が細い花なので風に揺れてとてもきれいな花です。 

毎年年度の初めの忙しさが終わってGWも過ぎ、ほっと一息ついた頃に「あ、今年も!」と気がつく、そんな花です。誰に褒められなくても、季節になると静かに咲いている、そんなところが自己受容をしていて静かに満たされている、そんな私が求めている姿に共通しているようで、自分もそんなふうに粛々と生きていきたいものだと思い出させてくれます。 

このロゴマークは友人のデザイナーに作ってもらいました。依頼をしてから、好きなもの、大切にしていること、好きな色などなど丹念なヒアリングののち、デザインをしていただきました。彼女によると、私のイメージがピンク色だということで、ロゴもピンク色に決めました。実は大人になってから、ピンク色のブラウスやセーターを着ていると似合うとか良い感じなどとお褒めをいただくことが多かったので、思い切って自分のテーマカラーにしました。 

「確かな自己信頼感」「互いの尊重」「多様性の受容」「対等な関係」、ヒルザキツキミソウは花びらが4枚なので、一枚一枚の花びらにオフィス Esteemが大事にしている理念を込めています。 

自分の土台がしっかりし、相手を尊重し対等に対等に向き合い、一人ひとり考え方もやり方も違うからこそ発想や視点が広がる、そんなことを大切にして、コミュニケーション、強みなどの研修やワークショップ、個人セッションを行っています。 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。