本を処分して、誰かのために。

こんにちは。コミュニケーションスキルと自分の強みを活かすことにより、ストレス軽減のサポートを行うストレスマネジメント・コーチの本間季里です。 

これまで何回も引っ越しをし、その都度、大量の本を処分してきました。ほとんどの場合、単に資源ごみで捨てたり、古紙回収に回したり、燃えるゴミなどで捨ててきましたが、そのたびにもう少し活かす方法はないのかな、と後ろ髪を引かれる思いがしていました。本って人生に寄り添ってくれる存在なので、思い入れがあるんですよね。 

母が亡くなって、母が残したものを整理するついでに、いつの間にか溜まった私の本を処分することにしました。ネットで探すと、買い取り、寄付といくつかの方法があったので、大部分はチャリボンで寄付、一部は買取りを試みました。 

結果から言うと、私のようなものぐさな人間は買取りは向いていないことがわかりました。なぜなら、郵送による査定、買取りの場合は、シリーズ物は一式揃えて梱包するなどの手間暇が大事で、結構な値段がついて然るべき本も、整理せずにバラバラに送ったのでまったく値が付かなかったからです。 

さて、チャリボンですが、こちらは 

1)本を5冊以上梱包して送る場合、送料は無料で手続きも簡単。 

2)2010年以降の本で、ISBNがあれば対象 

3)百科事典やコミック本などは送れないなどのいくつかの規定はあり。 

いくつかの制約はありますがそんなに難しくありません。基準が難しいと気持ちが萎えてしまう私としては、その点も助かりました。 

梱包して申し込みをするときに、査定の総額をどこに寄付するか決めます。私は白血病で治療を受けている子どもたちを支援する団体に決めました。あとは、HPに書いてあるとおりに集荷時間の指定や住所などを入れていくだけ。 

指定した時間に宅配業者が、伝票を持って自宅まで取りに来てくれます。今ではKindle本が中心とはなりましたが、本の処分を考えているなら本の処分と寄付という形での支援ができるこの方法、ご一考をおすすめします。 

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。