杉下右京の佇まい

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

納得できる理由がないのに、相手が自分を下に見ているな、と感じることはありませんか?いえ、納得できる理由があれば下に見られていいということではありませんが、納得できる理由がないと本当に腹が立ちますよね。若いこと、経験が少ないこと、女性であること、時には能力があることさえ、自分の居場所を取って代わられるかもと恐れる人にとっては下に見ようという理由になり得ます。こんなとき、あなたはどう対応していますか?

相手が自分を下に見ようと馬鹿にした態度を取るのは、自分の問題でしょうか?それとも?


原因の中にはあなたが改善すべきこともあるかもしれませんが、だからといってあなたを下に見るような態度を選択したのは相手であって、あなたの問題ではありません。原因が何であろうと、相手には別の態度を選択することはできたはずだからです。


馬鹿にするような、あなたを下に見るような態度を取るのはあなたの問題ではなく相手の問題です。ですからあなたは相手に合わせて自分のことを決して卑下してはいけないのです。

私が常にイメージとして思い出すのは、テレビ朝日のドラマ「相棒」の水谷豊演じる杉下右京さんです。彼は「窓際部署に追いやられた」「頭は切れるが部下がことごとく辞めていく」「特命係なんて捜査権もない」「空気が読めない」などなど様々な人から馬鹿にされますが、彼の佇まいは決して自分で自分を蔑むことなく、どんな人にも同じていねいさで接しています。子供にも、高齢者にも、同僚にも、ヤクザの親分にも、何度も犯罪を繰り返してしまう人にも。彼は自分で自分を蔑むこともないし、どんな相手にもまっすぐに対等に、尊重した態度を崩しません。

バカにされた時、蔑まれたとき、カッとならずに自分の中に「自分で自分を貶めないイメージはこの人」という人がいるといいですね。その人を真似てみるだけで、対応が少しずつ変わっていくかもしれません。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。