ガーデンリフォームーその14

このところ、日によって様々なチーム(?)が入れ替わり立ち代わり作業をしていきます。先日は、リモートワークをしながら、朝からにぎやかだな〜、と思っていたら、植木担当のチームが来ていました。

おお、いよいよ木を植えたり剪定したりするんだな?

一日の仕事が済み、夕方庭に出てみると、おお!急に庭らしくなっている!

剪定が済んだ庭の木々。エゴノキもハナミズキもスッキリ。

感嘆の声を上げる私に、「木が植わると、すごく見栄えが良くなるよね〜」ウッドデッキを設置しながら、たった一人残って作業をしていた職人さんが笑いながらつぶやきました。ほんと、、、

実は私、ウッドデッキってこんなに時間をかけて丁寧に作るものだとは知りませんでしたよ。出来上がりが待ちきれず、作業途中であっても毎日夜、ウッドデッキに出てみては、夕涼みをしています。しあわせ、、、

家の西側にもソヨゴ、フェイジョアが植えられました。木がなくても広々として気持ちよかったけれど、緑があるとみずみずしくなります。

門から玄関へのアプローチ横の小さな花壇にも緑が。ここはちょっと和風テイスト。こっちを向いている石でできたカエルは、背中に子ガエルが乗っています。これは、仕事で東京だ、アメリカだ、長崎だと転居を繰り返していた私が「いずれは無事”かえる”ように」という願いを込めて、母が置いたものです。それで、小汚いカエルなのですが、残してもらいました。スマホを向けたら、じっとこっちを睨んで目がしっかりと合いましたよ。

小汚い親子ガエルだけど、ここで訪れる人や出入りする私を睨んでくれています。

毎回話に出てくるシンボルツリーのエゴノキも剪定されてご覧の通り。後ろのハナミズキも同様にきれいに剪定されました。伸び放題だったので、きっとこれから徐々に元気を取り戻してくれることでしょう。

シンボルツリーのエゴノキと後ろに見えるハナミズキ。

物置の隣の花壇にも大きな木が。

この木は何でしょう?葉の色が独特で素敵です。

こちらはベニスモモ。赤紫蘇みたいに真っ赤なので、驚きました。秋にはもっと赤紫になるそうです。

ベニスモモ。実がなったら食べてみよう。

こちらは木蓮。冬の終わりかけに真っ先に花をつける木です。

木蓮も定位置につきました。

桜の木も整いました。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。