上司として、自分が部下のストレス源になっているのではないか?と不安になったら

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

先日、とある勉強会で、産業医とは日頃何をしているのか、どんなときに産業医に相談したら良いのかを中心とした話をする機会がありました。Zoom開催だったので、チャット機能を使って話している途中にもどんどんコメントが付き非常に面白かったです。

話の中で、管理職として部下のどんな変化に気をつけてほしいか、その時まず上司として何をすべきか、という話になったときのことです。

  • 上司・部下関係がストレスの原因ということも多い!
  • 自分が上司の立場になってみて、自分が知らないうちに部下のストレス源になっているのでは?と心配。

そんなコメントがどんどん付きました。あまりによくある話なので笑ってしまいましたが、勉強会が終わったあとで「上司である自分が知らないうちに部下のストレス源になっているのでは?と心配」という問題をどのように対処したら良いのか考えてみました。

ファーストステップ:日常的には、部下を対等な人として相手を尊重した態度で接する。職位の上下は人として対等かどうかとは別の話です。職位の上下があるのは、仕事をスムーズに進めるためだったり責任の所在を明確にするためであり、人としての上下とは異なります。この点を踏まえて、相手には相手の事情があり、部下と言えどもNoということもあると言うことを肝に銘じてコミュニケーションを取る習慣を持ちます。

セカンドステップ:日常的に相手を尊重した接し方をしていたとしても、すべての部下が好意的に受け止めてくれるとは限らないことを肝に銘じます。自分がやれることをやっているとしたら、それ以上、思い悩むのはやめましょう。どう受け取るかは相手の問題であって、あなたがコントロールできる話ではないからです。

サードステップ:今後こういうことで悩む頻度を少なくするために、日常的に上司・部下の間でフランクにフィードバックし合う機会を上司主導で作っていくことに注力をします。

やはりいちばん大切なのは、土台となる日頃の関係性です。この関係性の構築には時間が必要ですが、だからこそ中長期的視点に立って日頃からコツコツと積み重ねていくことが肝要ではないでしょうか。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。