ファスティングの効用:食費が半分に!

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

このところ、定期的にファスティングをしています。初回のファスティングは2年半前、2回めのファスティングはその半年後のちょうど今から2年前のことでした。いずれも伊豆高原のやすらぎの里に出向いて、3日間の断食と回復食で一週間のプランでした。

その2回のファスティングで心身への効果を感じたのですが、わざわざ一週間でかけていってファスティングをしなければならないとなると、そう簡単な話ではありません。その後2年余りファスティングのことが気になってはいたものの、月日が過ぎていきました。

そんなある日、友人であるぴろりんこさんこと山本博子さんがオンラインでファスティングの指導をしていることを知りまして、早速連絡を取りました。それ以来、定期的なファスティングを行っています。何が良いかと言って、わざわざ出かけなくても、いつもの生活の中で「2日間の準備食、3日間のファスティング、5日間の回復食」を行えること。

ファスティングの最中は友人からメールが定期的に届くほか、必要なものは事前に宅配便で送ってくれます。また、同じ時期にファスティングをしている人とオンライングループを作ってくれるので、現状を報告しあったりすることで励まされる効果もあります。

私はその後、3ヶ月間の食生活改善のコースに入り、いまその3ヶ月めです。最初の一ヶ月目は食事を全部写真で送り、アドバイスを貰います。そのアドバイスが秀逸でして、写真を送ると「季里さん、菓子パンはどうしても食べたいときは、せめて1個にしましょう。これは食べ過ぎです」。カマンベールチーズをまるまる一個食べたときはその理由を聞き(カマンベールを切るときにプチナイフがベトッとチーズまみれになるのが面倒くさかったから、という理由だったのですが)「季里さん、ものぐさはいい加減やめましょう」。時にはバスっとアドバイスが来るのが、私には効きました。

一ヶ月目終わりからファスティングが始まりましたが、そのときにはすでに食生活は結構改善されていました。

さて、いまは3ヶ月が終わろうとしている時期ですが、先日、オンライン家計簿をみて驚きました。食費が、3ヶ月より以前に比べておよそ1/2になっていたのです。私はもともとあまり外食などはしないのですが、よくコンビニには行っていました。仕事のある日の昼食もコンビニ、車ででかけたときに「水が欲しい」とついつい寄ると、買うのは水だけにとどまらない、たしかにそんな生活はしていました。逆にこの3ヶ月はまめにスーパーに行き、食材をせっせと買い、一回の買い物の額は以前と比べると結構高くなっていました。したがってそこまで差が出るとは思っていなかったのでした。

自分が今までどれだけ無意識に浪費をしていたのか、数字で現れて驚愕!ファスティングは余計なものを無くす方法ではありますが、家計の余計なものもなくなったのでした。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。