近所のプロフェッショナルその3ー家具修理職人リフー二 リプレイ・藤田勝さん

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

昨年は、庭に続いて自宅の内装を全面的にリフォームしました。間取りも変えて、広々と明るい家にしたのです。

リフォームに伴い、今後どんな生活をしたいのかという課題に向き合い、設計士の方に希望を伝え図面を引いてもらうわけですが、当然、何を残し何を手放すのかという問題にもガッツリ向き合わなくてはなりません。

当然悩みに悩んだわけですが、そのあたりのことは別の記事にまとめるとして、子供の頃から使っているダイニングテーブルと椅子のセット、応接セットの3人がけソファとひとりがけソファを死ぬまで使うぞ、という気持ちで手元に残すことにしました。

が、なにせ子供の頃から使っている家具なので、ダイニングテーブルの天板は傷だらけだし、ソファの座面の生地は破れて中のスポンジが飛び出している有様です。思い切って修理して気持ちよく使っていこう、と決心して、ネットで家具修理の店を色々と探しました。すると、自宅から車で20分くらいのところに、家具修理職人がいるではありませんか!それが、リフーニ リプレイの藤田勝さんでした。

お問合せフォームから用件を書いて送ったところ、一度家具を見てもらうことになりました。実際にお会いしてみると、他のプロフェッショナルの方と同様、聞き上手なんですね。なぜこの家具を手元に残しておきたいのか、私がその理由を話している間、楽しそうに相槌を打ちながら、時折ご自分の経験談を交えて、初対面なのに話が弾みました。

また、できることとできないことの境界がはっきりしているのも、頼む側にとっては安心できるところでした。単に安請け合いをしないということですね。家具の修理をお願いしよう、と心が決まりました。

しかし、一番大変だったのはソファの生地を選ぶこと。その際もたくさん助言をいただき、最終的にはサンプル生地をソファの背に何枚も乗せて、遠くから二人で眺めてああでもないこうでもないと言いながら決めていきました。こういうときも「もうこれはお客様のお好みですから」と言って、顧客側に全部判断を任せるというところもありそうですが、たくさんの経験を持っている専門家の立場からの助言をしてくれる人でないと、むしろこちらとしては孤独になって判断に困ってしまいます。

ダイニングテーブルの天板塗り直しに一ヶ月、ソファの座面張替えに2ヶ月要しましたが、先日ソファも納品され、生活の彩りが一つまた増えました。

そうそう、初めて自宅に家具を見に来たとき、帰りに庭を眺めながら「ていねいに作られていますね〜」と感心していました。私は「ミリ単位で調整をしたり削ったり、ということもあったみたいですよ。ほら、あそこの花壇のヘリ、右と左で高さが違うでしょ。あれは、、」と説明していると、「はい、見ればわかります。私も仕事柄、1ミリ単位のことが多いので、どうしてもそういうところに目が行っちゃうんですよ」と笑って話をしていました。職人同士、通じるものがあるんですね〜。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。