何も言わずとも成果を出している多数派に、意識して目を向けていく

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

会社の管理職であれば部下、人事部で働いているならば自分の管轄の社員のひとたち、教師であれば生徒・児童になるかと思うのですが、ついつい、パフォーマンスが今ひとつなところに目がいって、なんとかしようと奮闘しますよね。

パフォーマンスに差が出るのは仕方がないこと。そのときに気をつけたいのは、どこに目を向けていくかということ。

職場であれば、パフォーマンスが今ひとつのところに、どうしても目が向きますね。そして、特に何も言わずともそれなりのパフォーマンスを出している多数派のことをついつい忘れがちになります。なぜなら、「何を言わずともそれなりに成果を出してくれるから」。

しかし、そういうときこそ、多数派に目を向ける必要があると思っています。これは決してパフォーマンスが今ひとつのところを放っておけという話とは異なります。エネルギー配分を変えてみましょうという話です。

これまで、パフォーマンスが今ひとつのところに割いていたエネルギーを少し減らして、「何を言わずともそれなりに成果を出してくれる」多数派に目を向け、声をかけ、対話の時間を増やしてみてはいかがでしょうか。

ここの多数派にいる人達のモチベーションが上がることで、職場全体の生産性は底上げされます。一方、多数派のモチベーションが下がると、てきめんに職場の生産性は下がります。当然ですが、放ったらかしにされたと感じると、いくら常識的な人たちでもモチベーションは下がります。

もちろん彼らはふてくされたり、文句を言ったりしないでしょうし、不満を明確に意識はしないかもしれません。だからこそ、どんな時も自分の中でバランスを保って、一定の成果を出しているとも言えます。

でも、深いところでこんなことを感じているかもしれません。「なんだよ、真面目にやっているとほったらかしかよ!」

そんなふうに感じたことありませんか?実は私自身そんなふうに感じたことがありますし、職場の同僚の声でとても多かったのがこの声でした。

自分が、パフォーマンスが上がらないところにテコ入れしようとエネルギーを注ぎ始めたら、意識して「特に何も言わずともそれなりのパフォーマンスを出している多数派」にも目を向けるよう、エネルギー配分を変えてみてはいかがでしょうか。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。