「疲れませんか?」

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

人の話を聞くという仕事柄、当のクライアントさんからよく質問されるのが

「疲れませんか?」

「私は話を聞いてもらうので良いのですが、どうやってバランスを取っているのですか?」

「共感していると大変でしょう」

一般的に、共感すると疲れる、と思われているようです。そういう共感の仕方の方もたくさんいらっしゃいます。災害や辛いニュースを見聞きすると気持ちが沈む、という方はたくさんいらっしゃいますよね。

そういう意味でいうと、私の場合は共感とはちょっと違う感じがしています。時々身体感覚として、相手の体験を追体験している不思議な感覚を持つときはあります。ですが、大抵はもう少し距離がある感じ。

端的にお答えするとき、「私は、人を信じているのだと思います」とお答えすることが多いです。それは私の実感だから。

相手の課題は、相手が自分で解決するはず。そして今すぐでなくても、自分で解決をしていくと信じているから、私が解決する必要はない。文字にするとなんだか冷たい感じがするのでは?と心配ですが、そんな感じです。ただ、不安になったとき、振り返ればそこに私はいますよ、という感じ。

ですから、あまり自分の領域に入り込んで、感情が揺さぶられてエネルギーを使ってしまうということは少ない気がします。

先日、コーチ・エイのメルマガを読んでいて、共感に関する記事がありました。

記事はこちら

その中で、

「私がいったいどういう感情を味わっているのか、どういう思いをもっているのかを知ろうと関わってくれる。その過程で、相手の共感を実感する、と言えるのではないでしょうか。」

という部分がありました。相手がどういう思いを持っているのかを知ろうと関わる。。。なるほど、必ずしも同じ感覚を味わうことではないのかもしれないな、と改めて感じました。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。