伝え方の責任の範囲とは?

こんにちは。産業医・伝え方改善コーチの本間季里です。世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方をご提案します。「頭でわかった」ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

どんなにこちらが受け取りやすい伝え方をしたとしても、ときにはどうしてもこちらの意図を受け取ってもらえないときがあります。そんなときはどうしたら良いのでしょう?というご質問をよく受けます。

その質問の裏には、「伝わらないのは、私の伝え方がまずいから。責任は伝えている私にある」という思いが見え隠れしています。果たしてそれは正しいのでしょうか?

コミュニケーションでは、伝える側と受け取る側の両方が必要です。そして、どちらも独立した人間です。独立した人間であれば、それぞれに表現の自由もあるし、当然ですがどう受け取るか他人がコントロールすることなどできません。

したがって、自分の伝え方の責任は多く見積もっても半分くらい、ということを肝に銘じましょう。コミュニケーションの責任の半分は相手にあるともいえます。

自分ひとりで全部の責任を追う必要はありません。

そして、こういう場合、距離を取れるならそっと距離を取りましょう。

そういう見極めも大切。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。