コミュニケーションにおける批判の受け止め方:正当な批判と不当な批判を自分で判断する

こんにちは。産業医・伝え方コーチの本間季里です。世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方をご提案します。「頭でわかった」ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

10数年前、コミュニケーションスキルの講座に参加し始めたとき、「正当な批判、不当な批判に対処できていますか?」と講師から質問を投げかけられて、心底びっくりしました。

「正当な批判、不当な批判って、なに言ってんの?」

「批判は批判なんじゃないの?」

「批判に対処するってどういうこと?」

当時、私の中では批判はたった一つ。不当も正当もなく、批判される方が悪いと思っていました。だから批判されると、自分のどこがいけなかったのかとずっと考え続けていました。

でも、コミュニケーションの講座に継続して参加し、休憩時間の間に参加者の方たちといろいろな話をするようになって、徐々に批判や評価は全部受け入れる必要はない、どれを受け入れてどれは受け入れなくても良いのか、それは自分で判断して良いのだと納得できるようになっていきました。

こう思えるまでに、一年ほどの時間が必要でした。

批判には

  • 「耳が痛いけれど、たしかにそうだな」と思うもの≒正当な批判
  • 「いや、どう考えてもそれは違うのではないか」というもの≒不当な批判

の2つがありますよね。

「耳が痛いけれど、たしかにそうだな」という場合には素直に「耳が痛いのですが、確かにそういうところはあります」と認め、改善する。ときには穴があったら入りたい気分になることもあります。

一方、「それは違う」という場合にはしっかりと「それは違うと思います」と伝えて良いのです。

なぜなら、批判をしている相手が絶対正しいというわけではないから。相手も、ものごとの一面だけを見て判断しているかもしれないし、判断そのものにバイアスがかかっているかもしれない。

まずは、自分の中で正当な批判なのか、不当な批判なのか、ワンクッションおいてしっかり判断してみませんか?

コミュニケーションの責任は、相手と自分の50−50なのですから。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。