懐かしいシチュー専門店

先日、時計の修理を待つ間、銀座の街を歩きました。真夏のような暑い日でしたが、銀座4丁目交差点から歌舞伎座の方へぶらぶら、、、

歌舞伎座をぬけて1本目の路地をまがると、なつかしいシチュー専門店ののれんが見えました。銀座 銀之塔でした。

子供のころ、たびたび家族で銀座に映画を見に来ていました。その時に、家族で外食をするのは、子供心に楽しみでした。この銀の塔はそんなお店の一つです。シチューは洋食ですから、スプーンでたべるものと思い込んでいた私たちは、お箸とご飯、漬物と一緒に供される銀之塔のシチューはとても新鮮でした。ドミグラスソースは3日間かけて作るそうです。

何十年ぶりかで食べた銀の塔のシチューに添えられた小鉢は、ひじきや切り干し大根などでした。ちょうど食べ終わる頃、時計の修理が終わったことを知らせる電話がなりました。

 

この記事を書いた人

本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。