正当な批判、不当な批判

アサーティブの講座をはじめて受けた時、正当な批判と不当な批判に適切に対処できるか、という話題になりました。私は講師に質問しました。
「正当な批判と不当な批判って、どう区別するんですか?」
当時の私は本当にわからなかったのです。批判を受けると、全人格を否定されたような気持ちになり、がっくりと凹んでしまったものです。一方で不安な気持ちに支配されてしまうために、それを払拭しようと自己弁護に走るのでした。

自分で「ああ、言われたくなかったけれどその通りだな」と思えば正当な批判、「本当にそうだろうか?」と少しでも納得出来ない部分があれば不当な批判と思って良い、というのが講師の答えでした。

私は拍子抜けしながらも、衝撃を受けました。なぜなら、今受けている批判が正当か不当か、自分で決めて良いんだ、ということに気づいたからです。今まで私はその判断を相手に任せていたのだ、、、。それ以来、批判を受けても必要以上に落ち込まず、また自分を損なうことなく対処できるようになりました。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。