人生に迷子になっている人の伴走者

こんにちは。ストレスマネジメント・コーチの本間季里です。コミュニケーションの方法を少し変えたり自分の強みを知り活かすことで、個人と組織の幸福度を高めるサポートをします。 

先日、「あなたはどんな人の力になれたら良いなあと思っているの?」と聞かれました。ふと口をついて出てきた言葉が「人生に迷子になっている人に寄り添いたい」という言葉でした。 

SNSやマスコミ、政府のキャッチフレーズなどを見ても「女性が輝く」「好きなことを仕事に」「生き生きと」「元気ではつらつと」などなど、ぷりぷりとした元気な言葉をよく見かけますが、こういう言葉を聞くたびに、そっと心のなかで 

「別に輝く必要なんかないよな。邪魔をされない人生、それだけで十分」 

「好きなことがわかっている人なんて、どれくらいいるのだろう。」 

「生き生きなんて余計なお世話、ヨロヨロだっていいじゃないか」 

「元気、元気って、元気とはなんだ!定義を言ってみろ」 

と悪態をついていました。私自身が長い間、人生に迷子になって泥の沼の底にいるような気持ちだったからかもしれません。 

いまのありのままの自分を受け止め、静かに満たされている。基本的にそれだけで人生は幸せなはず、と私は考えています。そこへ向けてのプロセスに伴走します。 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。