【ここでひと手間!】新しいメンバーの話を聴きましょう:耳を傾けるだけで関係性は変わる!

こんにちは。ストレスマネジメント・コーチの本間季里です。コミュニケーションの方法を少し変えたり強みを知り活かすことで自分や相手への理解を深め、個人と組織の幸福度を高めるサポートをします。

10月になって新しいチームメンバーを迎えた職場も多いのではないでしょうか?毎日忙しく、全員が集まる場で新しいメンバーの名前を紹介して終わり。「あとはXXさんに任せているので、業務のことは彼(彼女)に聞いて!」ということも多いのではありませんか?

チョット待って!後がぐんと楽になるようにここで一手間かけましょう!まずおすすめするのは、2つです。 ①なるべく早い時期に、新しいメンバーと1on1をする。 ②職場なりチームでウェルカム!の気持ちを表す。


まずは、なるべく早い時期に、チームリーダーが新しいメンバーと1on1をすることをおすすめします。「そんなことやってるよ!」と思ったあなた、1on1の30分なり1時間なりの時間、業務内容やプロジェクトの説明になっていませんか?


まずは1on1は、基本的に相手の話を聴く場と肝に銘じましょう。上司が1割、チームメンバーが9割くらいでちょうどよい。1割で何を話すかというと、上司は「へえ」「そうなんだ」「そう思っているんだね」くらいの合いの手で充分。最初は沈黙してしまってお互い苦笑い、ということになるかもしれません。それは今まで、いかに上司ばかりが話をし、部下は上司の話を拝聴する、というのが習慣になっていたか、ということを表していると受け取ってください。習慣は一気には変わりません。ゆっくり時間をかけて苦笑いが減っていけばいいな、位の気持ちで。


聴くことは相手の話。今までどんな仕事をしてきたか?仕事で何を大切にしているか?今でもよくやったなあ、と思う仕事はどんなものか?趣味は何か?生活で大切にしてきたものはどんなことか?などなど、、、。いっぱいネタはありますね。こういうネタなら、「へえ、(そういう仕事をいままでしてきたんだね)」「XXを大切って思っているんだね」「そうなんだ!XXが趣味なんだね」と合いの手だけでも話はどんどん進みます。


差し支えない範囲で、と付け加えることも忘れずに。あなたには聴く権利があるけれど、相手には断る権利があるのです。「私は聞きたいと思ったけれど、あなたは話してもいいし、話をしなくても良い。そこはあなたの選択です」という向き合う姿勢を持つことが大切です。「あなたが話したくないと思う場合には、断っても構わない」ということをきちんと伝えないと、土足でズカズカと相手の領域に入っていってしまうことになりかねません。それを恐れるがあまり、相手の話を全く聞かないようにしているという話を聞くことも多くなりました。でも、新しく入ってきたメンバーに、もとからいる人が興味を持って話を聞いてくれることそのものが、大きな存在承認となります。あなたをウェルカム!という気持ちで迎えているよ、というメッセージを伝えることにもなります。


新しくチームに入った人の話をじっくりと聞いてみませんか?今までとは違った関係性が築けるかもしれません。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。