マイクロマネジメントの影響:する方とされる方の気持ち

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

人は「貢献感」を感じ「自分に価値がある」と思える時にだけ勇気を持つことができる。

アルフレッド・アドラーの言葉です。誰しもが、他者の役に立てたと感じるとき、貢献できたと思えるときに、喜びや自分の存在意義を感じられるものです。

ところが上司や親からいわゆるマイクロマネジメント、過度に干渉したりこと細かく指示をだしたり、進捗を頻繁に確認するといったことを受けると、この他者への貢献感と自分に価値があるという思いを感じることができません。私たちは自分で選択したことに対して、より強く貢献感を感じるからです。

中には心身の不調をきたしてしまう場合もあります。心身の不調まで目に見えなくても、やる気を失い「どうせ自分で考えたところでこと細かに指示が出て、そのとおりに動かないとあれこれ言われるだけだし」と指示待ちになってしまいます。

これでは生産性が上がりませんし、本人の成長にも繋がりません。こういったマイクロマネジメントは部下にとっては良いことがまったくないわけですが、こういうマネジメントをしていて上司にとっては良いことがあるのでしょうか?もし、上司には良いことずくめと言うならそれはそれでいいでしょう。

しかし、マイクロマネジメントをしている方にとっても、良いことはありません。こと細かに指示を出したり進捗を確認することに時間が取られますし、部下が育たず指示待ちなのでいつまでたっても業務を任せることができません。極めつけは、上司と部下の間に信頼関係が構築されないことです。マイクロマネジメントは部下に対して「あなたの力を信じていない」というメッセージを同時に発してしまうことになり、一方で部下は上司に対して萎縮した気持ちを抱いてしまうため、信頼関係が生まれにくくなります。

また、相手に要求していることはブーメランのように自分にも戻ってくるものです。相手に許さないことは自分にも許されない。相手に事細かく要求をすることは自分にも同じように細かく要求をしていることにも繋がる。これは苦しい。

上司には上司の言い分があるものですが(たいてい、相手に問題があるから、これが管理するということだと思っている)、一旦言い分を横において、「自分にとって部下に任せるということはどういうことか」「なぜ自分は部下に任せることができないのか」「こと細かに指示を出す自分にとっての意味はなにか」をじっくりと考えてみると良いでしょう。

こういうことは自分ひとりではなかなか思考が進まないものです。なぜなら誰にでも自分の思考の癖があり、客観的になることは非常に難しいことだからです。公平な視点で助言をくれる友人、上司、あるいはコーチなどと一緒に考えてみることをおすすめします。自分も部下も、貢献感を持ち、自分の価値を信じられ、勇気を持てるマネジメントの方法を探してみませんか?

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。