「どうありたいか」と現実のギャップを埋めるテクノロジーに投資する

こんにちは。ストレスマネジメント・コーチの本間季里です。コミュニケーションの方法を少し変えたり強みを知り活かすことで自分や相手への理解を深め、個人と組織の幸福度を高めるサポートをします。

最近、幸福度が高まっています。この10年程、髪型が決まらなくていつもすこ〜し憂鬱でした。でかけたくなくなることもしばしば。

「美容師に希望を伝えるのが上手じゃないんだな。」

「うまくこちらの希望を汲み取ってくれる美容師に出会えないんだな」

そんなふうに思っていました。

年々、髪にコシがなくなり、髪型が決まらなくなっていました。ある時期は髪を一つにまとめてひっつめにしていました。ある時期はこまめに美容院に通ってなんとかしようとしていました。ある時期は髪が傷んでいるんだと思い、トリートメントにせいを出しました。また、美容師に教わってブローを必死にやってみました。でも私にはまず長続きしないし、「自分がこんなふうでありたい」ということと現実とのギャップが大きくて、そのギャップを埋めることができませんでした。

ある日、フェイスブックで知人の投稿が流れてきました。ショッピングモールでダイソンのAirWrapを試してみませんか?と声をかけられ、「男には関係ないでしょ」と断ったら、「いえ、男性の髪型も簡単に決まるんですよ」といわれて半分冷やかしでやってもらったら、本当にあっという間に髪が立ってかっこよく決まった、家族全員で使えるしおすすめだ、というものでした。

ほんと〜?と半信半疑でしたがしばらくあれこれ調べて、風の力で髪がドライヤーにふわっと巻き付くことなどがわかりました。テクニックも何もいらないやんか〜!アタッチメントを装着したドライヤーを髪に近づけるだけ!!なんだこれ、、、ほんとかいな、、、

疑う気持ちもあったのに、思わずポチッとしていました。高かった、、、でも、、、動画で見たとおりだった。テクニックも何も必要ない。超不器用な私でもアタッチメントを付けたドライヤーを髪に近づけるだけでクルンクルンとカールができる!

そのままクルンクルンでも良いけど、仕事のときはふざけすぎているな。そんなときには最後にブラシでカールを伸ばすと髪型が決まる。ヘアスプレーをさっとかければ、夕方まで髪型が決まったまま。

ああ、なんて幸せなのか!長年の悩みが消えて、幸福度が高くなった。「どうありたいか」と現実のギャップが大きくて、それをなんとかしたい!と思っていることに関して、最新のテクノロジーに投資するのはありなんだな、としみじみ感じた一件でした。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。