相手との境界線を明確にする、課題の分離

こんにちは。ストレスマネジメント・コーチの本間季里です。コミュニケーションの方法を少し変えたり強みを知り活かすことで自分や相手への理解を深め、個人と組織の幸福度を高めるサポートをします。 

以前も書きましたが、私の好きなドラマの一つが「深夜食堂」です。常連客がマスターと呼ぶ店主の佇まいが好きであり、示唆に富むからです(以前の記事はこちらhttps://kiri3.com/archives/1034)。 

このマスター、親身に常連客の話を聴くのですが、その距離のとり方がとても良い。ついつい「ねえ、マスター、なんとかしてやってよ〜」などとおせっかいを持ちかける常連客や、「どうしたら良い?」と自分が決めるべきことをマスターに委ねようとする人にも、「そりゃあ、どうかな〜」「本人に聞いてみたら?」「あとはあんたが決めりゃあいいさ」とゆったりと落ち着いた声音で、簡潔に相手に伝えます。 

「自分がしゃしゃり出なくても、相手には自分で乗り越えていく力があるはず。」そう心から思っているようにも、「それはその人が決めることさ」と相手との境界線がしっかりと引けているようにも見えます。 

私達はともすると、相手が自分で解決すべきことにまで踏み込んでしまいがちです。また、相手が自分の責任で決めたことに関して、必要以上に自分の責任を感じて思い悩むことも多いものです。例えば仕事を頼み、相手は引き受けてくれたあとで、「彼も忙しいだろうに、無理して引き受けて今頃大変な思いをしているのではないか?」「本当はあのとき断りたかったのに、自分が無理強いしたのでないか?」と思い悩むことはありませんか? 

相手は自分の言葉で交渉することもできるはず。その状況で引受けたのだからその時のことはそれ以上思い悩むのはやめ、相手の判断の領域と自分の責任の領域との境界を明確にしましょう。ただし、それはそのあと知らん顔をすることとは違います。当初の予想に反して忙しくなっていないか、こまめにコミュニケ−ションを取って様子を見るのは大切です。 

相手と自分の境界を明確にすること、誰の課題なのか意識すること。これだけでも随分、エネルギーを大切なことに集中できるようになるのではないでしょうか。 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。