ガーデンリフォームーその2

今回のガーデンリフォームのデザインは、(株)Garden Design BERRY  に依頼しました。

母が大事していたクリスマスローズと、私が好きなレモンの木は良い場所に残して!というのが、一番目のお願い。あとは手入れしやすく、というのが二番目のお願い。次にいま不便と思っていることを列挙して改善希望を出しました。ガーデンデザイナーの今井さんと打ち合わせ後、まずは植木職人さんが残す木を残し、それ以外の木を撤去することから。

リフォーム前はこの鬱蒼とした感じ。葉っぱをかき分けかき分け進まねばならないし、あまりに鬱蒼としているので、奥の方にはとても入っていけませんでした。出入りするのはほんの手前のスペースだけ。ああ、もったいない!

2階からみた庭の木々。
あまりに鬱蒼としているので向こうも見えない!
庭木の撤去前

初日は手前半分の木の撤去。それでも「え!こんなにスッキリ!」という驚き。

庭木の撤去初日
庭の手前半分の木々の撤去が終了。

なんだか、今まであったものがなくなるというのは、なんとも頼りない心細い感じがしました。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。