ガーデンリフォームーその3

昨日に引き続き、木の撤去。その場面はあえてあまり見ないようにしました。思い入れの強弱はあるものの、やはりこの土地で何年も、新芽〜花が咲く〜落葉、と命のサイクルを繰り返してきた木々なので、変に感情的になってしまいそうで。

夕方、庭に出て「おお〜っ、こんなに広かったんだ〜」「こんなところにこんなのがあったんだ〜」と感慨深く。

奥の方の木も撤去終了。あじさいが残ってる!!手前の小さめの木はユスラウメ
我が家のシンボルツリー・エゴノキ
父がレンガを並べて作った花壇だけど、レンガが真っ直ぐでなくて、ずっと気になっていました。
奥の方もスッキリ見渡せるように。左手の木製の物置は、明日撤去予定です。この物置の向こうにクリスマスローズが群生しています。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。