近所のプロフェッショナルその6ー変形机でハッピー!

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

この写真のスペースは、以前はダイニングテーブルが置いてあって、ダイニングスペースでした。リフォームしたときに、ここを仕事場スペースにしました。

私の机の好みは、奥行きも深くて幅も広い仕事机。

でも、長方形の普通のデスクを置くと出窓のカーテンの開け閉めがしにくくなりそう。人間って、ちょっとした工数で、すぐにやる気が起きなくなってしまう生き物。きっと開け閉めに工数がかかると、カーテンを開けなくなってしまうんじゃないかと思いました。

そこで、実際にカーテンを開け閉めしてみて、どこにどんなスペースがあると億劫でないか検討した結果、変形机しかない!という結論に至り。。。ソファやダイニングテーブルの修理をお願いしたリフーニ・リプレイの藤田さんに相談しまして、形や奥行など色々と検討を重ね、ついに先日納品されました。

なんとも小物などがバラバラと見えていて洒落っ気もへったくれも無い写真ですが、5角形の机となりました。いろいろな奥行きの場所があるので、一つの作業をしながら別のところで別の作業をするということもやりやすくなりました。

左側のカーテンを開け閉めする時のために机の左奥に切れ込みを入れて、体が入るスペースがとってあり、そこに体が入るので面倒な気分になることもなく、毎日カーテンの開け閉めがらくらくできています。

カーテンを開けると庭の緑が目に飛び込んでくるので、日々の緑の変化も感じることができる仕事の時間となっています。

ここで、メルマガを書いたり、資料作成をしたり、リモートでの産業医の仕事をしているんですよ!

ちなみに、お隣の庭の大きな木も借景となっています。ありがとうございます。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。