服のリメイクでジャケット、ベスト、バッグができました

こんにちは。ストレスマネジメント・コーチの本間季里です。コミュニケーションの方法を少し変えたり強みを知り活かすことで自分や相手への理解を深め、個人と組織の幸福度を高めるサポートをします。この春から、両親の残した服のいくつかをリメイクして長く大切に着ていこうと思ったきっかけについて、以前お話しました(以前の投稿はこちら)。初回の打ち合わせのときにデザインや裏地の種類などを決め、一ヶ月後に仮縫いで微調整をし、その後出来上がりです。まず、はじめにお願いしたのが父のジャケット類を私仕様にリメイクすること。生地はどれも素材が良くて手放せなかったもの。どれも残念なことにビフォーの写真がないのですが、紳士用のジャケットと言えばまあ大体どれも基本のデザインは似たりよったりということでご容赦を。

1)ジャケット→ジャケットシンプルで使い勝手の良いVネックのジャケットに変身。襟ぐりのあき具合や裾のカーブの角度など、長屋先生と友人のスタイリスト・宮本さんが相談してサクサクっと決めていただきました。この秋から冬に大活躍しそうです。裏地は母の残したシルクのスカーフの中から選びました。肌触りもよく表地のグレーにとても合っています。また、紳士用の服によくある胸ポケットや名前の部分も生かしてもらいました。

2)ジャケット→ベスト裏地は母が大切にしていた大判のストールです。表地が濃紺にごく細いストライプだったので、この淡いブルーのストールを選びました。

3)レザーのジャケット→カジュアルなバッグカジュアルなレザーのジャケットでしたが、この色、私にはあまり似合わない色だったので、ジャケットというより小物に仕立ててもらいました。ジャケットのポケットや前身頃のボタン部分が見えるように生地を裁断。内側はブランド物のシルクのスカーフにし、リバーシブル使いができるようになっています。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。