自信過剰バイアス

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

先日、私は友人を車で迎えにいこうとしていました。おおよその時間を知らせておけば、友人もそれまでにかんたんな用事を済ませるなど時間を有効に使えると思って、「1時間後くらいにそちらに到着すると思う。いまから○○と△△を済ませていくからね」とメッセージを入れました。

で、結局は2つのうち一つしか済ませることはできず、友人の家に迎えに行きました。

まあ、こういうことは日常的にあると思うんです。取り立てて私が時間管理ができていない、というわけでもないだろうし。。。

ただ、そのときに私は「ああ、わたしはまだまだ自信過剰バイアスが強いんだな」とくすっと笑ってしまいました。そして、時間管理の精度を上げていきたい、つまり、何かをするときの所要時間の見積もりと、実際にかかった時間との誤差を少なくしたいな、と考えていました。なぜなら、積み残し、やり残し、先送りは私のやる気を著しく削ぐので、もっと減らしていきたいなと思っていたからです。

自信過剰バイアスとは行動経済学の言葉で、「自分の知識や経験は非常に優れていると過信することにより、状況の正確な判断や対応ができなくなること。」

つまり、自分は知識や経験からいって、この時間内に○○と△△ができる!と思ったが、それは正確な判断ではなかったということです。自分には自信過剰バイアスがあるということを自覚して、少しずつものごとの精度を実態に近づけていきたいものです。

友人にその話をしたら、「そんなに自分に厳しくしなくても良いんじゃないの。そんな自分を許してあげなよ」と言われましたが、私の場合「あ〜、できなかった〜〜!!」という感情が、やる気を削ぐから。でも、こういうことをさらっと言ってくれる友人の存在はとても重要ですね。常に、「自分を許してあげなよ」という選択肢を提示してくれるわけなので。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。