ファスティングの効用:腸内細菌叢と脳はつながっている

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

現在定期的にファスティングをしています。友人である、ぴろりんこさんこと山本博子さんの指導を受けています。

実はファスティングに強く興味を持ったのは2年前にやすらぎの里で回復食を含めて1週間のファスティングコースに参加したとき、自分の考え方の変化に驚いたのがきっかけです。

私は一人で参加をしましたが、他の参加者の方と仲良くなり、近所の観光にでかけたりして過ごしていました。日曜日から次の土曜日までの1週間参加したのですが、忘れもしない木曜日の昼下がり、部屋に戻ったときに、思考がすっきりしていることに気づきました。

当時私は気が重い問題を抱えており、自分ひとりだけの考えではすすめることができない状況でした。その昼下がりに、ふわっと「余計なことを考えずにやってみよう」「解決に向けて前に進んでいこう」「相手には相手の言い分がある。それは当然だ。自分の考えを率直に相手に伝えて、相手の言い分をよく聞いてみたら良いんだ」となぜか素直にそう思えたのです。

一年以上も「こういう進め方をして相手がNoと言ったら、、、」などと、あ〜でもない、こ〜でもないと悩んでいたのが嘘のよう。自分でも驚きました。もっと驚いたのは、迷うことなく先方に電話でアポを取って話をすすめることができたのです。ついでに言うと、私はスマホで毎晩睡眠スコアを測定していたのですが、ファスティング後に数週間、睡眠スコアがものすごく良くなったのです。

この自分の変化は驚きでした。ファスティング以外その週は何もしていないわけなので、私の中で「脳の働きとファスティングあるいは腸内細菌叢は関係があるのでは?」という仮説が浮かびました。

腸内細菌叢が改善されると、考え方も余計なものが削ぎ落とされていく、という科学的根拠はまだないでしょうが、脳神経系の疾患の発症と腸内細菌叢の関連を示唆する研究結果などはいくつも出ているようなので、研究手法が進めば脳の働きと腸内細菌叢の関連も明らかになっていくかも知れません。

メタボ解消や健康増進というだけでなく、気持ちの上でも余計なものを削ぎ落としていけるように、定期的にファスティングを続けていきたいと考えいます。ご一緒にいかがですか?

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。