言いにくい気持ちに飲み込まれそうな時は自己開示!

こんにちは。産業医・伝え方改善コーチの本間季里です。世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方をご提案します。「頭でわかった」ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

言いにくい!だけど、それでも言わなければならない場面ってたくさんありますよね。

特に仕事の場面で。。。

そんなとき、まずは「言いにくい」ということを正直に相手に伝えましょう。

「言いにくいことなんだけど」

「言いにくいので、緊張しちゃってます」

「とても言いにくいことなのですが、大切なことなので聞いてください」

これは自己開示といいます。

自己開示をすると、自分を正直に相手に見せているので、自分の緊張のエネルギーがガス抜きされ、落ち着きます。

また、相手も「今から、言いにくい話をするんだ。。。」と思い、しっかりと話を聞こうという心の準備をすることができます。

緊張が高まったらまずは自己開示!

あなたの選択肢に加えてみてください。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。