大多喜ハーブガーデン

こんにちは。コミュニケーションスキルと自分の強みを活かすことにより、ストレス軽減のサポートを行うストレスマネジメント・コーチの本間季里です。 

先日、房総半島の大多喜町にある大多喜ハーブガーデンに行ってきました。ガラス張りのハーブ園が売りで、全天候型、ペットと一緒にお茶を飲んだりランチをしたりする広いスペースもあります。隣にはドッグランもあり、ワンちゃんとゆったりと時間を過ごす人もたくさんいるようです。今のワンちゃんたちって本当にしつけがちゃんとされており、やたらに吠えたりしないんですね。ハーブの香りがそこはかとなく漂う中で、ワンちゃんたちと時間と空間を共有できる、ゆるりとした時間を過ごしました。 

季節が秋だったからか、ハーブは少なめ、というかほとんどありませんでした。平日のためかハーブの教室などもなく、アクティブィティを楽しむよりは、ぼんやりと時間を過ごしてきました。 

近くには大多喜城もあるので、風情ある町並みや城、本多忠勝などが活躍した歴史などに触れるのも楽しいかもしれません。鉄ちゃんにはたまらない、小湊鐵道や久留里線も走っています。私はアクティブにあれもこれもと動くより、ぼんやりまったり過ごすのが好きなので、周辺のドライブは次の機会にします。 

ちょっと残念だったのは、まず入り口がどこかよくわからない(汗)、HPを見ると「ハーブ摘み」のコーナーもあるようなのですが、それがどこなのか誰に声をかけたらいいのかよくわからないことでした。一言でいうと、商売っ気がない!それはそれで私には好ましくもあるのですが、ちょっと戸惑いました。 

一方、園内にあるショップは充実の品ぞろえ。私は乾燥ハーブを3種類購入し、ハーブティを楽しんでいます。ショップと続いているレストランはハーブをたっぷり使ったランチが楽しめそうです。こちらは次回のお楽しみに。 

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。