最近、歳とったんだな!!と思った瞬間。。。

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

先日、歯のクリーニングのために歯医者に行きました。

そこで、歯科衛生士の方が歯の磨き方などを指導してくれたのですが、マスク越しだったこともあって、何を言っているのか全く聞き取れませんでした。なにか喋っているのはわかるのですが、内容が全く、一言も聞き取れなくて。

で、私、はいはいと返事をしてしまったんですね。なんの話なのか理解もしていなかったのに。。。

そのときに思ったんです。私もついにその時が来たか、と。私も歳とったんだな!と驚きました。

昔、両親がまだ元気だった頃、「はいはい」と返事をするからわかっているんだろうと思っていると、後で全然わかっていないということが判明し、がっかりするやら腹立たしいやらということが度々あって。

どうしてわかったふりするんだろう?とずっと思っていたんですが、そもそも何の話かすらよく聞き取れていなかったんですね。

聞き取れていないなら聞き返したらどうなのよ!って、思っていた時期もあったんです。

でも、徐々に自分が、少し聞き取れないときでも、反射的に「そうそう」なんて返事をしていることが多くなっているのに気づきまして、ははあ、こういうことだったんだ〜、と。

決して恥ずかしいから聞き返せないとかそういうことではなくて、全く何も考えずに反射的に「そうそう」って返事しているんですよ。それがまた驚きでした!

そしてついに、全く何も聞き取れないのに「はいはい」と返事している自分に気づく日が訪れたのです。

ああ、歳取るってこういうことだったんだな〜と思いまして、ショックでもあったんです。歯医者から帰宅して、思わず仏壇に向かって報告をしたのでした。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。