オンラインセミナー第6回「自分の気持ちを感情のままではなく、上手に伝えて相互理解を深める会話術」開催しました!

産業医・伝え方改善1on1コーチの本間 季里(ほんま きり)です。

オンラインセミナー「自分の気持ちを感情のままではなく、上手に伝えて相互理解を深める会話術」

2022年6月11日(土)10:00~11:30 開催しました。

相手だけでなく、自分の気持ち・感情を大切に扱い、周囲に伝えられていますか?

  • 相手には悪気がないのはわかっているけれど、私は言われてあまり良い気分ではない。

   そのときに、自分の気持ちを大切にして「そういうことはこれからは言わないでほしい」と相手に伝えられていますか?

  

   相手が気を悪くしないか?こんなことを気にする自分が小さい人間なのか?と

   考えてしまって言葉を飲み込み、我慢をしていませんか。

  

  • 職場で問題が起きている。その原因となっている人にこれまで何回か注意したけれど改善しない。段々自分も腹が立ってくる。困った人だという思いが募ってくる。

 

   責任が伴う仕事のことだし、相手が悪い。本当に困った人だ。強く注意されたって当然、と思い、冷静なつもりでも眉間にシワが寄って強い口調で注意したけれど、猛烈な反発にあってしまった。後味が悪い。。。

こういうこと、よくありますよね。

「感情をなぜ、飲み込んではいけないのか」を理解したあと、「感情は相手に伝えてもいいけれど、伝えるときには方法がある」ということを整理しました。

意外と自分の感情を表す言葉が出てこなくて、日ごろ、いかに私たちが感情を表現せずに飲み込んでしまっているかわかりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

参加者のご感想です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

相手に伝わる「感情を表すワード」が思いつかなかったです。自分の感情を書き出す→伝わる表現へ変えるという時間があっても良いかなと感じました。

講座をシリーズで受講したので、より具体的に実践することを決めてみても良かったと思いました。 また、講座後に先生とお話した「上下関係」について。改めていろいろ妄想しています。今回の講座で回を重ねるたびに、自分の気持ちを整理出来たのが一番良かったと思います。自分が意図しない方向へ事態が動いた時ほど「感情が揺さぶられて」決定や行動に支障をきたしてしまう。自分の気持ちの整理の仕方も分かっておくと良いと感じました。同じような状況の方に受講をオススメしたいです。「世代間ギャップをなくす、コミュンケーション力」や「異業種でも使えるコミュニケーション力」を見つけたいと思います。6回コースありがとうございました。

(A.Y様)

ーーーーーーーーーーーーーーー

A.Y様は6回の全講座にご参加いただきました。ぜひ、周囲の方にもおすすめください。ありがとうございました。

今回のシリーズセミナーは今回で終了ですが、引き続き、新たな企画でセミナーを開催していきますので、お楽しみに。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。