感情の伝え方

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

感情には、良いも悪いもなくて、感情に良い悪いとジャッジを加えているのは実は自分。そうすると、大抵の場合、悪いとジャッジした感情を押し殺すことになりますよね。

感情を押し殺すと、マグマのようにエネルギーが溜まります。

押し殺したエネルギーは、ちょっとしたきっかけで弱い地表部分から吹き出してきます。

これが適切な場面なら良いのですが、たいていは他の理不尽なことが起きたときに、そういえばあれもこれも!!という形になりますよね。

その結果、長いこと感情を抑えて頑張ってきたのに、なぜか

「あの人は感情的な人だ!困ったものだ」という評価となってしまう。

感情を出したのは、この一回きりで、いままでずっと努力してきたのに。

今まで我慢してきたことが評価されないってどういうこと?

そういうこと、ありませんか?

感情は表現しても良いんです。

感情や気持ちは伝えても良いんです。

でも、伝え方には工夫が必要なんですね。だから、伝え方のトレーニングが必要なんですよ。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。