20代のわたしの失敗

こんにちは。伝え方改善コーチの本間季里です。あなたのコミュニケーションをより良くするために、あなたの性格を変えるのではなく、伝え方を変えるサポートをします。頭でわかった、ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

20代の頃の私の失敗。。。

ずっといろんな理不尽なことを我慢して頑張っていた。疲れても、理不尽なことが続いても、ひたすら何も言わずに頑張っていた。仕事もプライベートもグチャグチャで、気持ちの整理がつかない。でもこれが人生だと思っていた。

いつもいつも我慢のしどうしだったけれど、ある晩、耐えきれずに帰りに車に乗ってそのまま運転席で泣いた。自分の車で通勤していたから、車の中が安心できる自分の空間だった。

夜中の1時ころだったけれど、それを見ていた人がいた。

そして、「あいつは頑張っているけれど、感情が不安定だからだめだ」と言っていると後で聞いた。それを教えてくれた人は「だから感情を安定させろ」と言った。

「たった一回の場面を見て、それで全部判断するのかよ!」とまたまた腹がたった。そして、世界が閉じていくように感じた。

いま、毎日、いろいろな人の話やお悩みを聴いていると、そういう思いは私だけじゃないんだな、とも思うし、今でも同じようなことがあるんだな、とも思う。

今なら、そんな事を言うやつに向かって、自分の考えを落ち着いて伝えられると思う。でも、当時は伝え方を知らなかった。爆発させるか我慢するかの二択だった。

だから、いま、伝え方の仕事をしている。

  • 言い方を知っているから、いま言うこともできるし、別の機会にしようと決めることもできる。
  • 感情は小出しにして伝えておいたほうが、自分も相手も傷つかずに済むという判断もできる。
  • この環境、この人間関係からは離れたほうが良い、と自分で決めることもできる。

そのことがいかに大切か、自分がよくわかっているから。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。