変化のプロセス:自然も伝え方も同じ

こんにちは。産業医・伝え方コーチの本間季里です。世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方をご提案します。「頭でわかった」ではなく、実際にやれるまでしっかり寄り添います。

今年に入ってから、できるだけ毎朝、外を散歩するようにしています(できるだけ、です)。

特に最近では、片手に水、耳にはイヤフォンでスマホを使って朗読本を聞き、両足首に片足1キロの巻きつけ型ダンベルを装着して30分程せっせと歩きます。汗かきますが達成感がありますね。

今朝のウォーキングのとき、うすく刷毛で描いたような雲が目に止まりました。ちょっと秋めいた雲に変わっているではありませんか。

だからってもう秋ですね、というのにはまだ早い!!

きっとこれから、また真夏の雲が現れる(まだ真夏だ!)→秋めいた雲が出現(秋が近づいているなあ)→秋めいた雲の頻度が多くなる(秋めいてきたかな?)→ほとんどの日が秋めいた雲(秋だ!)、というプロセスを踏んで、本当の秋の空になっていくのでしょう。

これって、私達の学びと同じですよね。ですから伝え方も同じプロセスを経てうまくなっていくに違いありません。

伝え方を学んで、頭でわかった!と思っても、実際にはうまく言えない。

頑張れば、ときに言えるようになる。けれどすぐにもとに戻ってしまう。

頑張れば、言えるようになる頻度が増える。けれど、やっぱりすぐにもとに戻る。

頑張らなくても、だいたい言えるようになる。

身につく。

このプロセスを経るものだ、ということを肝に銘じておくと無闇矢鱈に「あ〜、自分はだめだ〜」と落ち込まなくて済みますよね。

成長、変化のプロセスをしっかり意識しておきましょう。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。