学生向けに私のキャリア・パスの話をする機会を得ました。

先日は、筑波大学の医学部の学生数人に、私のキャリア・パスについての話をする機会がありました。私も研究に関わっているヘルスサービスリサーチ分野に実習に来た学生6名です。医師免許を持ちながら臨床以外にも様々な選択肢があるということを話してほしいということでした。

私は確かに卒業後は臨床医でしたが、基礎研究、大学院教育、そして今はフリーランスとしてストレス・マネジメントを仕事にしています。どういう経緯で進路を変え、今につながるのか、そのあたりの話をしました。

仕事は人生の中の一つの要素に過ぎません。とは言っても、仕事に費やす時間もエネルギーも非常に大きいので、仕事は人生に大きな影響を及ぼします。自分にとっての幸せな人生とは何かを考え、その上で自分の仕事を選択することが大切かな、と今はそんな風に考えています。そして、人間は経験を重ねるに従って変化していくものなので、その都度自分の仕事のあり方を見直していくことも大切です。そのために、主体的に考えること、基準を世間の物差しにせず自分の中に基準を持つこと、自分のほんとうの望みをしっかり掴むことなどを伝えました。

私にとっても、今までの自分の仕事人生を振り返る良い機会となりました。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。