人物に着目するのではなく、問題そのものに着目する。

何か問題に直面すると、その問題を起こした人物についつい目がいって、「どうしてこういうことが起きたのか?」「なぜ、こうしなかったのか?」「注意が足りなかったのでは?」などという展開になることが多いのではないでしょうか。当然、自分が何か問題を引き起こしたときも、相手が同様の反応をするに違いないと思い、「なぜ、私はこうしなかったのか?」と自分を責めることが多いのではないかと思います。

人間は「責められる」と感じると、反射的に自己防衛しようとする生き物です。自己防衛する姿を見ると、「素直に何故認めないのだ」と相手の怒りをさらに掻き立ててしまい、物事は悪循環になってしまいます。

アサーティブを学ぶ中で、もっとも日常的に役に立っていることの一つが、この問題解決の際に「問題を起こした人物に注目するのではなく、起きた問題そのものに着目する。問題を起こした人物は、ともに問題を解決する協力者という位置づけで考える」ということです。相手を責めたくなる気持ちをちょっと横に置いておき、一緒にこの問題を解決しましょう、というスタンスを保つということです。

責められない、ということが伝わると、問題解決に力を貸してくれるようになります。そして、多くの場合、自らの反省点にも目が行き、今後の進め方などを考えるようになります。自分の内側から出てきた反省でなければ、あまり今後の役には立ちません。同じエネルギーと時間を使うなら、今後に役立つように使いたいものです。

「むずかしい場面でも、対話が前にすすむ伝え方」

2022年9月〜2022年11月 全5回・単発参加も大歓迎

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。