自分に合った靴

私は長い間、靴を履いて歩いていると痛くて辛いものだと思い込んでいました。気に入ったサンダルを履くと、足が靴の中で滑って前にずれてしまい、足の裏の前の部分が焼けつくように痛くなっていました。それで、中敷きを入れたりしていましたが、それでも変わりません。

次第に、安価な靴だからいけないのかとある程度の値段を出して、世間で良いといわれている靴を買うようになりました。それでもだめで、中で滑るのであれば滑らないように小さめの靴を選ぶようになりました。確かに、滑るのはなくなりましたが、足の指が縮こまって、今度は足の指が痛くなるようになりました。

ある晩、「ドクターX」の大門未知子がびっくりするくらいのハイヒールを履いて、軽快に歩いているのを目にし(テレビで)、「足に合った靴だとああいうことができるのかなあ」と思わずつぶやきました。そこで、翌日、銀座のヨシノヤにいき、足のサイズを測定してもらってびっくり!私の足は、長さは普通サイズ(23センチ)ですが、足回りのサイズがすごく小さい、すなわち、幅が狭い足、ということが解ったのです。日本では、Eとか、EEという表示の靴を普通に見かけますが、これが足回りのサイズを表していて、AからEに行くほど足の幅が大きいということです。私はD、ものによるとCで、EやEEの靴をはくと中で足が泳いで滑って、前にずれてしまうのでした。

それを知ってからは、きちんとサイズを確かめて買うようにしていますが、なかなかCやDサイズを置いてある店は見つかりません。そこで、ヨシノヤのCREAというイージーオーダーの靴を注文作成してもらうようにしています。私のように、実は足の幅が狭く、それに気づいていないだけという人は多いのではないでしょうか。痛みや違和感というのは、外から見えにくものなので、皆が同じ思いをしている、こんなものだと思っている人も多いかもしれません。靴に対する認識がもっと上がってくれたら良いのにな、と思います。

 

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。