2週に渡って、病院職員の方にアサーティブをお伝えしました。

先週と今週、2週に渡って、神奈川県内の病院の職員計200名の皆様にアサーティブをお伝えしました。勤務の後の研修でしたが、参加者の皆様は熱心で、会場は熱気に満ちていました。時間は1時間20分と短く駆け足でしたが、エッセンスはお伝えできました。

1週目は寒気が流れ込み、会場に向かう途中で突然雪が降り出す悪天候、2週目は大きく変わって、春を思わせる暖かな陽気でした。病院の近くの梅の木はきれいに花が咲き、確実に春が近づいていることを教えてくれました。

コミュニケーションを取る上でアサーティブになるということは、自分の性格を変えることではありません。より伝わりやすい方法で、自分が伝えたいことを伝える、そのための方法の一つです。そんなことが伝われば嬉しく思っています。

伝え方に興味がある方はぜひ、ご登録ください。読むだけで、伝え方に関する視点が増え、知らず知らずのうちにあなたの伝え方が変わっていきます。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

 

この記事を書いた人

Avatar photo

本間 季里

産業医、伝え方コーチ、ストレングス・コーチ

大学卒業後、小児科医・免疫学の基礎研究者を経て、2017年より、世代の違い・価値観の違い、利害の対立など、葛藤や緊張を伴う難しい関係性のなかで、それでも妥協点を見つけて協調していくための伝え方を提案し、個人と組織の両方にアプローチできる産業医・伝え方コーチとして活動中。

セッション数は7年間でのべ3000回以上、これまで300名を超える方々に伝え方の講座や研修を提供し、満足度が90%以上です。

資格:医師・医学博士・日本医師会認定産業医
NPO法人アサーティブジャパン会員トレーナー

Gallup認定ストレングス・コーチ

詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。