「コミュニケーションはそもそも手間暇かかるものだ」という認識を持とう

こんにちは。コミュニケーションスキルと自分の強みを活かすことにより、ストレス軽減のサポートを行うストレスマネジメント・コーチの本間季里です。

私達は毎日、沢山の人とコミュニケーションを取りながら時間を過ごしているというのに、学校でも職場でも、コミュニケーションについて学ぶという機会がありません。したがって、私達は周囲の人のコミュニケーションのとり方を見よう見まねで身につけてきました。

しかし、そうやって身につけたのに、多くの人がコミュニケーション上の行き違いやつまづきで悩み苦しんでいます。

そもそもコミュニケーションとは手間ひまがかかるもの、ある意味面倒くださいものだという認識と覚悟が必要です。なぜならば、自分の伝えたいことを伝え(主張し)、それに対する相手の意見に真摯に耳を傾け(傾聴し)、それを受けてまた自分の意見を伝える(主張し)、その繰り返しだから(キャッチボール)です。

もちろん、相手との関係が今後どの様になっても構わない、というのであればどんな伝え方になっても良いわけですし、その結果、相手との関係が決裂したところで、それは想定内であり悩みも少ないわけです。しかし、悩んでいるということは、相手とはできることなら信頼関係を築きたい、良い関係を築き双方が成長できるような関係でありたいと思っているからではないでしょうか。

職場の同僚、部下や上司とのコミュニケーションでも、家族や友人との会話でも、何かを要望するとき、断るとき、あるいは話し合いをするとき、手間ひまがかかることを意識し覚悟するだけでも、これまでとは違う会話の風景が見えてくるかもしれません。

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。