クリスマスローズ

実家のクリスマスローズが咲きました。

年末に実家に帰るといつもこの花が咲いていて、シックな色合いといい、うつむき加減の花の佇まいといい、心惹かれる花でした。

2年前に母の病気がわかり、10ヶ月の闘病ののちに母が亡くなりました。その間も、亡くなったあとも庭に手が回らず、気がつくと庭は雑草でどこに何が植えられているのかわからないほどになっていました。秋になって、電動草刈機でがんがん雑草を刈り取ってやっとさっぱりしましたが、今度は両親が植えていた草や花もごっそり刈り取ってしまったのでは?と心配になりました。特に好きだったクリスマスローズが咲くだろうかと気が気ではありませんでした。

母が日頃どんな風に庭の手入れをしていたのか、わたしはよく知らないままでしたが、わたしのスマホに残っている写真をみると、一年中なにがしかの花が咲いていたようです。ところが母が亡くなってから1年間は、庭にほとんど花を見かけませんでした。庭の花や草木も、母がいなくなったことを悲しんでいるように見えたし、一方で、母が愛情を注いで大切にしていたものをわたしが引き継げなかったのでは、という思いも引きずっていました。

2月になって少し暖かな日が続いた頃、父と一緒に庭に肥料を撒きました。その肥料のせいか、暖かさのせいか、庭のいろいろな草木が花をつけ始めました。母が亡くなった数日後に一斉に咲き始めた水仙が今年も、そして福寿草が咲きました。それからしばらくして、クリスマスローズが辺り一面咲き始めたのです。こんなところにも、あんなところにも、、、母が、わたしと父の生活を見守ってくれているような気がします。今年は季節ごとに手入れをし、少しずつクリスマスローズが咲く場所を広げていこうと決めました。

ご興味のある方は、まずは無料メルマガにご登録ください。メルマガでは、「伝え方のヒント」やイベント開催のお知らせなどを発信しています。

産業医・伝え方改善コーチ・本間季里のメールマガジン

苦手な人とも臆することなく話ができ、
人間関係が劇的に変わる伝え方
7つの法則

6回シリーズセミナー

だれしも苦手な人、あるいは苦手な状況というものはあるものです。

「どうもこの人と話をすると、感情的になってしまう」
「こういう状況だと、うまく自分の言いたいことが言えなくなってしまう(あるいは、声高にものを言ってしまう)」

でも、大丈夫!そこまでわかっているということは、解決への道のりの半分歩いてきているも同じです!ここから先の大切なことは、具体的に何をどんなふうに意識していけばいいのかを知ること。

そんなあなたのために、6回シリーズの伝え方のヒントセミナーを企画しました。

伝え方改善 1on1 コーチ

産業医でもある伝え方改善1on1 コーチ 本間季里が、あなたの考え方や性格を変えるのではなく、伝え方を変えることで、あなたの人間関係を劇的に改善するお手伝いをします。1on1の個別セッションを通して、ていねいに、かつ「何となくわかった」「勉強した」ではなく、本当に変わったと思えるまでしっかりと関わり、あなたをサポートします。

初めての方は、課題をお聞きしコース全体の流れを説明するため、単発セッションをおすすめします。

 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。