湧き上がる感情はしっかりと認識する、次にそれを相手に伝えるか伝えないか、自分が決める。

私達の心の中には、いつも様々な感情が湧いてきます。怒り、喜び、妬み、悲しさ、嬉しさ、悔しさなどなど。そして、感情のままに相手に向かって感情任せの対応をしてしまうことが多いのではないでしょうか。そして後で後悔したり、苦々しい思いを引きずったり。

心の中に湧き上がる感情を自分でしっかり理解することと、その感情を相手に伝えるか伝えないかは別のことと考えてみてはどうでしょう。出てくる感情はだれにもどうしようもありませんし、感情に良い悪いはありません。ありのままにしっかり受け止めます。でも、伝えるか伝えないか、伝えるとしたらどんな伝え方が良いのか、それは自分で選ぶことができます。

「湧き上がる感情はしっかりと認識する、次にそれを相手に伝えるか伝えないか、自分が決める。」

この記事を書いた人

本間 季里

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。