身近な人に要望を伝えるとき気をつけたいこと

こんにちは。コミュニケーションスキルと自分の強みを活かすことにより、ストレス軽減のサポートを行うストレスマネジメント・コーチの本間季里です。 

身近な人についつい文句(要望)を言いたくなることって多いですよね。パートナーに「ごみ捨ては忘れずにやって!」、子供に「宿題は言われる前にやりなさい」、上司に「意味のない朝令暮改はやめて!」、両親に「私のやることに口出しするの、勘弁して」などなど。 

一言言った途端に、 

「そういえば、あなたときたら先週も先月も、先々月も去年も、ゴミ出し忘れたわよね💢」 

「大体、あなたは先週も先月も宿題やらなかったし!そうだ、それだけじゃない!夏休みも、春休みも、冬休みの宿題も、いわなきゃやらなかったわよねっ💢」 

「言いたくはないんですが、先週の会議でも先月の会議でも、言ったそばからころころ言うこと変わって、私たちすごく迷惑したんですっ。そう、去年だって、、、💢(周囲に必死に止められる)」 

「お父さんもお母さんも、心配してくれる気持ちはありがたいけど、私の子育てに口を出すのやめて!大体、妊娠中もあれしろ、これするなって色々言ったし、結婚のときも口出しすごかったし、そうだ!会社のこともあれこれ指図してたよね!大学受験のときも、中学受験のときだって、、、💢」 

こうなるともう感情が制御できなくなってしまいます。相手もそんな昔のことまで持ち出されて、カッチーン!!ときて、激しい口撃の応酬、、、だけなら良いけど、心のシャッターをガッシャーンと閉じてしまって、天の岩戸に隠れた天照大神状態に。 

その結果は、求めていた通りの方向に進むでしょうか?パートナーはゴミ出しを忘れずにやってくれるようになり、子供は宿題をさっさとやり、上司は一貫した物言いになり、両親は口出しを控えてくれるようになるでしょうか?結果は真逆です。はじめの一言を聞いたときには、「そうだよな、気をつけよう」「宿題やらなきゃ」と思っていたかもしれない人も、しつこく昔のことまで持ち出されて「なんだよ💢、やってられるかっ」ということになってしまいます。 

では、こんなときはどう心がけるといいでしょう。今、目の前のことだけに話を絞りましょう。「ゴミお願いね」「宿題は済ませた?」そして、きっぱりと言い、さっと切り上げることです。(自分の)次の言葉が出る前に、爽やかにさっと切り上げる。難しいことですが、自分の選択肢の中にこういう方法があると、自分も感情が大きく揺れ動いて疲れ果てることが少なくなることでしょう。 

この記事を書いた人

本間 季里

企業、個人へのストレスマネジメントを行っている本間 季里です。小児科臨床医、免疫学の基礎研究者として合計26年、その後、新しい大学院教育の立ち上げなどに従事した間に、ストレスマネジメントの重要性を感じました。そこで、カウンセリング、コーチング、個人並びに企業への研修などを通じて、ストレスマネジメントを直接お伝えすべく、2017年1月にフリーランスとして独立しました。詳しくはこちらのプロフィールをご覧ください。